13番ホールの出来事

2018年の全米オープンはブルックス・ケプカの2連覇以上に話題となる事件が3日目に13番ホールで起こった。フィル・ミケルソンが以下のような行為をおこなって、世界中で物議を醸しだしています。

事件は13番のグリーン。パットを放ったミケルソンのボールがカップ横をすり抜け、スピードを増して、下り傾斜を落ちようとしたそのとき。何を思ったか、ミケルソンは小走りにボールに向かい、まだ転がっている球をカップめがけて打ってしまった。結果的にルールに抵触するとして2罰打が科され、このホールは「10」とした。

ホールアウト後、スコアカード提出所に20分近くこもったミケルソン。ようやく出てきて口を開いた一声にメディアを含めた関係者も驚きを隠せなかった。前代未聞の行為について、「あのまま下っていって、そこからまたプレーするより、2ペナルティ受けた方が、いいと思った。早く次のホールに行きたかった」と、ミケルソン自身は故意のストロークを認めた。   ― アルバから引用 ―


インタビューでは「規則を戦略的に利用した」と意図的であったことをコメントしています。この場合は規則14-5にある「動いている球を打つ」に違反して2打の罰を受けるという認識ということですが、規則1-2 の「球の動きに影響を及ぼす、あるいは物理的条件を変える」という部分にも抵触する可能性もあったと思います。規則14-5の違反ならば2打の罰を受けますが規則1-2であれば裁定集によれば「重大な違反」にもなりうる行為ですから競技失格となります。ただ規則1-2では「他に適用できる規則がある場合はそちらを適用する」とあります。

sty1806170015-f1.jpg
ミケルソンほどのプレーヤーでも冷静さを失った行動をとらせる。「それもゴルフの奥の深さ」と思います。

この場合、USGAは規則14-5を適用する判断をしたでしょう。あまり知られていませんが、ゴルフ競技におけるルーリング(裁定)に関して最終的な判断を下す委員会には「当事者であるプレーヤーだけでなく、競技会にいる特定の選手が潜在的利益を受けた可能性があるか」ということを判断基準としますから。USGAは「ミケルソンが規則14-5に罰打を自身に課したことで、それ以上の潜在的利益を誰も受けていない」という見解を示したのだと思います。

無題
こっちを適用すると、本当に競技失格もありうるんだけれど、今回は14-5でした

ゴルフ規則は第1章に「プレーヤーの一人ひとりが…ゴルフ規則を守ってプレーするというその誠実さに頼っている。」という精神性で成り立っています。これは他のスポーツと異なり「プレーヤー自身が自分に罰打を課す」という考えかたなのです。レフリーや委員会は「プレーヤーの自主的な誠実さが公正な競技運営に適合しているか」ということをチェックするものであり、もしもプレーヤーが自身の処置や裁定に悩んだ場合は選手のために規則を引用して適正な処置をガイダンスするのが役目なのです。

origin_1.jpg
委員会の裁定基準は「潜在的利益の有無」であり、個人を罰することを意図することはない

となると、今回のミケルソンの行為に関しては最も不快感を示す結果にやはり「ミケルソン自身」ということになるのでしょう。後日、彼自身も深く反省して陳謝の意を示しました。

ゴルフ規則とその精神は「自分で自分に罰を課す。」という他種目にはない特殊な精神性、倫理性で成り立っています。競技後のテレビやビデオによる裁定も認めなくなったのも、それが一因となっていると思います。

34157522_237003890216169_6684927295540428800_n.jpg
ゴルフは人間の英智を越えた事態に遭遇す時もある、それに立ち向かえる精神性を養うごとができる

今回のミケルソンの行為の是非を問う前に「ミケルソンほどのプレーヤーがとっさにあのような行動に及んでしまうほど精神的に追い詰められる状況に遭遇する可能性もある、ゴルフという競技の奥の深さ」というものを実感してほしいですね。

選手たちのスイング変遷 Vol. 2(スタッツ分析から決めたスイング作り)

Sさんは体格が小さめだったので指導を始めた約1年半前には「飛距離に対する願望」が強かったので、それに伴うドリルなどを提供していました。結果として本人もある程度の飛距離アップは自覚していたのですが、競技成績の方が期待していた以上に上がらなかったのを覚えています。

14317498_894273147346024_2422182607278838659_n.jpg
飛距離不足を補うために強いシャットフェースでトルクを生み出せない動きが特徴だった

そこで競技における各ショットのスタッツデータを可能な限り収集して分析すると意外なことが分かりました。それは「パー5でのバーディー率がロングヒッターより高い」ことと「距離のある難しいホールでのパーキープが高い」という点でした。というのは足りない飛距離をウッドやハイブリットで補いながらスコアをメイクしていましたから、長い距離からのメイク術に長けていたのです。逆にボギーになるケースはウエッジによるものが多かったのです。

20170131_102632.jpg
スイング作りの入り口はウエッジの強化だった。これによって「ほしいショット」が明確になった

そこでウエッジの練習が豊富にできるタイキャンプではバンカーショットを含めて1日3時間以上のウエッジ練習をおこないました。これによってパーキープ力も徐々に上昇し、夏の試合ではラウンドあたりの平均スコアが前年比1.4ストローク上昇しました。クラッチパットが増えた分、一時的にショートパットに苦しみましたがこれは想定の範囲内なので、このゴルフをベースにすることでスイング作りの方向性が見えてきました。

20180615_151848.jpg
約1年で再現率と正確性の高いスイングへと移行していくことになった

ここで重視したのが飛距離以上の精度を追及することです。当初のスイングには「ドロー系で飛ばす」というファクターが多く存在し、これが突発的に大きなミスを呼ぶリスクをもたらせていたので、こういった部分を極力ニュートラルなポジションに戻しながら精度とバリエーションの豊富なショットが打てるスイングへと修正していきます。

20180615_152214.jpg
ニュートラルな動きに変化することによってトルクを生かしたインパクトに変貌していった

これによって初のチャンピオンシップ優勝など、競技成績も上昇してきました。今後の課題は改めて飛距離アップという事になります。一般に女子選手の場合は飛距離を追及するケースが多いですがこれによって成績や調子を落としてしまうケースも多々あります。そうならいためにはスタッツ分析し「必要な距離を必要なだけ伸ばすスイングつくり」というものが必要になってくると思います。

★関連ブログ 男子70%女子65%(前編)

★関連ブログ 男子70%女子65%(後編)


このようにスイング作りには短所克服のうようなものでなく、体格、個々のゴルフスタイルの傾向、性格まで織り込んで計画的に進めることでゴルフの総合能力がプラスに反映するようにおこなうべきだと思います。

st21.jpg
まずはデータ解析で「ゴルフの傾向」を見出し、スイングも向上コンテンツの一つという位置づけにする

もちろん、そのためには時間や労力も要しますが「ゴルフの向上」というものが確実になることが一番大切なことなのです。私もコーチとしてビジョンを持ったスイング作りを常に行えるように日々、研究と努力しています。

選手たちのスイング変遷 Vol. 1(スイング作りは目的が大事)

ブログやFBでは選手たちに対する練習方法やテーマを書いています。そんな選手たちがどのようにスイングやゴルフが変わっていくのかを一部公開してみます。

Mさんは過去複数のコーチからも「インパクトで身体が開く」という問題点を指摘されていることを聞いていました。私の印象も同様でした。本人も身体の開きを抑えるために数々のドリルや器具を使用ました。一時的に良くはなるのですが、しばらくすると戻ってしまうことが繰り返されてしまいます。そこでメカニズム的に身体の開きの原因となるテークバックの動きを治すことにしました。もちろん、この動きが最も治りにくい癖でもありましたから「原因の原因の原因」まで掘り下げて着手します。彼女の癖の大元はグリップです。身体を開けばダイレクションがカット軌道になりやすくドライバーではカットスライス、ショートアイアンやウエッジではシャンクのミスもでます。しかしストロンググリップで補正すれば身体が開いてもボールを捕まえることを可能にしていたのです。しかし、この動きではフェースのコントロールが難しくなり、場合よってヒッカケも出てしまいます。

20180615_153716.jpg
「身体の開き」は原因ではなく現象。他にもこんな現象が現れる

世界的にもこの実例はいくつかあり、代表的なのがアメリカの元世界ランク1位のデビット・デュボルです。デュボルは極端なストロンググリップと早い身体の開きで左から強いスライボールを打っていました。世界ランク1位だった当時からスイングコーチ達の間では「デュボルは近いうちに不調になる」と囁かれ、事実ランキングは急降下しました。そして2005年ごろからグリップをウィークにする改造を始めたのです。

無題
各修正箇所を作業を繋ぐのに役立ったのがキャンプでも活躍したこれ。

★ 関連ブログ 「スイング作りの意味」


そこで「グリップを極力ニュートラルにする」という作業からはじめました。相当な違和感が出るポイントなので冬のキャンプ時にある程度直し、関連するポスチャーとスイングの改善で固定する作業を繰り返します。さらにイメージによる感覚的なクラブパス変更をおこないます。徐々にショット力が向上してきました。

20180615_154104.jpg
約1年でかなり改善され飛距離も伸びてきた。基礎から構築しているから試合でも崩れなにくい

このスイング構築のポイントは「ゴルフ全体からスイングを作りこむ」というものです。というもの「目的なきスイング構築はメンタルを弱くする」という持論もあるので「自分のプレースタイル」から「自分の欲しいショット」を明確化させる必要性があるのです。

20170424_100501.jpg
当初は徹底したショートゲームの強化。「パットの名手」と言われるようになった

当初、彼女に課したテーマは「パッティングとショートゲームの強化」でした。これによってゴルフゲームを理解し、自分のゲームに必要なショットをする方法として目的となるスイングを作るという流れでしたから、試合経験で得たものを技術獲得のモチベーションにするという点では成功例になったと思います。まだまだ「伸びシロ」があるということになりますね。

31183482_1407999549306712_438317866576510976_n.jpg
ようやく「欲しいスイング」が見えてきたようで、最近はあこがれだった「ライン出し」もできるようになった

次回はSさんです。



サマーキャンプinタイランド2018 8/5~12 募集中

詳しくはこちらから

26805267_1317657765007558_7118062475588042832_n.jpg




強いメンタル

よく「メンタルが強い」「メンタルが弱い」という言葉が使われている。ゴルフという競技は非常にメンタルな種目だから尚のことメンタルという言葉は頻繁に耳にすることができる。問題なのは「メンタルの強さ」とは何なのだろうか?

指導者として長く「メンタル論」を研究もしたし、数多くのメンタルセミナーや講習にも参加してきた。その経験の中で「強いメンタルはポジティブである」ということは分かった。つまり「何事もポジティブに考えられればメンタルは強くなる」という事である。

しかし、ここにも問題がある。「単にポジティブ」なだけではメンタルは強くならない。というのも「メンタルが行動によって管理されている」という性質があるからだ、つまり「悲しいから涙がでるのではない、涙がでるから悲しいのだ」というメンタル論の基礎から考えれば、ポジティブになるための行動パターンは数多くあり、その行動が求める結果とリンクするとは限らないということがあるからです。例えば困難な状況では立ち向かうために行動し、それをポジティブと考えることが理想だが、「逃げた方が楽」という考え方が勝ってしまえばポジティブであっても成果を獲得できない。メンタルは成果を目的とした行動時にいかにポジティブになれるかを重点とするのだから難しい。

m22598335151_1.jpg
おそらく日本で一番最初の「ゴルフメンタル指南書」だと思う。ジュニアはぜひ読んでほしい。

それだけに私自身は選手に対して「自信を持て」という言葉がどうしても言えない。結果や成果のためにプレーするアスリートに他者が「自信を持ちなさい」という言葉は非常に無責任に思えるからだ。

だから「一打に執着しなさい。それはたとえ最悪の結果になっても、それが受け入れられるように悔いのない一打を打つことです。」と言うようにしています。競技における極限状態にある選手にとって「自信をもつ」などという事は簡単にできるものではないし、ゴルフという失敗を繰り返す競技において「絶対保証」などという思考をもつことはあまりにも危険であり、小手先の技術論など太刀打ちできるものではないと思うからです。

23754789_1271547696285232_8766258485560068454_n.jpg
最初に教えたのは「一打に執着しろ!」だった。

恐れるべきは「敗北」ではなく「ベストを尽くせなかったこと」なのです。ゴルフ競技において敗北は必ず「自滅」です。相手がバーディーをとって1打差で敗れたとしても「あぁ、あの時のOBがなければ勝っていた」というケースは考えられますし、圧倒的に敗れたとしても自分のミスによって負けが決まるわけですから「自滅」ということになるのです。

23435218_1263156037124398_8052229667724336386_n.jpg
この時は「負けは全て自滅だ」と伝えた

そんな、必ず自滅となる競技において成果ばかりを求めていれば些細な失敗も許せなくなり、自滅を誘発することになります。だから「悔いのないベストを尽くす」という意識だけが苦しい局面で力を出し切れるポジティブな思考を生み出せると思うのです。

そして、その意識の原動力は「信じる力」なのかもしれません。ゴルフに限らずトップアスリートの多くが「思い込みが激しく、疑うことを知らない」という性格が多いです。それだけに「世間知らず」と言われるケースもあるようです(笑)

また、指導や強化技術の進歩によって10代で頂点を極めるケースが多くなったのも子供の方が上記のような性格である場合が多いからでしょう。言い換えれば子供の心を持っていた方がポジティブになりやすく「メンタルが強いプレー」が可能と考えられます。全盛期のジャンボ尾崎の「少年の心でボールを打つ」という言葉が思い出されます。

PGOG-177923.jpg
日本プロゴルフ史上最強のゴルファーは「少年の心」で数々の窮地でスーパープレーを生み出した

例えばパッティングのラインで迷った時「自分の読みを信じるか、キャディの読みを信じるか」というのが良い例です。仮にキャディの読みを信じて外れてキャディの責任にするとすれば「自分を信じる力が弱かった」ということになり、自分の読みを信じて外れたら「キャディを信じる力が弱かった」ということなるのでしょうか?どちらも間違いですね。このようなエクスキューズを求める心理自体が「信じる力」が弱いのです。「たとえ外れても、何も悔いることなく次のストロークでベストを尽くす行動をする」というのが最も「信じる力」が強い選手のメンタリティと思います。

14068307_875208639252475_406505625510974061_n.jpg
スコアや順位ではなく、夢中で納得のいくプレーを目指すから強いメンタルが養われる

「信じる力」は「徹底的に前向きな姿勢」からしか生まれませんし、その姿勢がポジティブな思考を生み、強いメンタルを作り上げるのです。そしてそれによって得た成果だけが「自信」というものになり、プレーヤーを更なる高みに運ぶ資産となるはずです。

アマチュア資格とプロ資格の考え方

ジュニアや元ジュニア達のプロ転向が続いています。日と追う毎にプロ入りの年齢は若年化していますが、プロを目指して行動する場合は注意が必要だと思います。

というのもアマチュアとプロの定義には「グレーゾーン」に似た部分が存在し、認識や解釈を間違えると問題になる可能性があるのです。

例えばJGAアマチュア資格規則には「賞金のためのプレー」「ゴルフ技術の指導」「ゴルフの費用」等、報酬や金銭授受が発生する場合の細かい規定が数多く定められています。

その目的は「アマチュアゴルフをプロフェッショナルゴルフとは異なるものとしてはっきりと区別し、ゴルフ規則やハンディキャップに関しては自主規制が原則であるアマチュアゴルフを行き過ぎたスポンサーシップや金銭的報償によって生じる圧力から解放することにある。」となっています。つまり「ゴルフを純粋に楽しむことを目的とするのがアマチュアであり、アマチュアは金銭的利益を目的とした行動をしてはならない」というのがアマチュア資格規定の基本概念なのです。

しかし、規則書に記載されているアマチュア資格規則は表現が難解です。最も原文が英語で、それを全世界が共通の認識になるように翻訳するのが規則書ですから仕方ないです。実は「アマチュア資格規則は国によって違うのかな?」と思って、R&Aの発行する原文(英語)も読んでみたけれど、見事にJGAの発行しているものと同じ解釈ができる内容でした。

そこでアマチュア資格規則の中でもプロを目指すジュニアと直接関わりそうなケースを想定して考えてみたいと思います。

<資格プロテスト>
日本であれば日本プロゴルフ協会、女子プロゴルフ協会の資格認定試験(プロテスト)やティーチングプロ資格講習を受けたりして同協会に会員として登録されればアマチュア資格は喪失します。ここで注意が必要なのは「PGAやLPGA会員にならなければ必ずアマチュア」という訳ではありません。

というのはアマチュア資格規則の原則は「ゴルフによって報酬や利益を得る行動をしてはならない」という部分にありますから、プロ競技団体の会員でなくとも原則に反する行動をおこせばアマチュア資格は喪失したことになるのです。

<QT>
QT(クオリファイ・トーナメント)はプロツアー競技の予選ですから、出場した時点で「賞金という利益を得るための行動」になってしまうので、アマチュア資格喪失の対象となります。しかし、ここには特例措置があり、「プレーの前にその競技で賞金を受け取る権利を文書で放棄しておくことを条件にアマチュア資格を喪失することなくそうしたクオリファイング競技に申し込み、プレーすることができる。 」となっています。JGTO(日本ツアー機構)のQTなどはエントリー用紙に必ずアマチュア資格保持申請を記入する欄が設けられています。またQTの場合は終了後にプロ転向を競技団体に申し出ればアマチュアとして受験し、プロとしてツアーに出場することも可能です。JGTOはトーナメントプレーヤー資格、LPGAではTPD単年度登録という枠組みです。2019年度からはLPGAのTPD単年度登録は廃止になる見込みです。

S__25747459.jpg
日本アマチュア選手権の申込用紙にはアマチュア資格を確認するための規定が同封されてくる

<トーナメント>
ではプロとアマが混在する日本オープンなどのオープン競技に出場した場合はどうなるでしょうか?例えばアマチュアとしてオープン競技に出場して、競技終了直前にプロ宣言をしたら順位に応じた賞金を受け取ることはできるでしょうか?できる訳がありませんね(笑)
トーナメントには選手の出場資格にカテゴリー分類を設けていますから、エントリー種別によって対象となる資格分類も違っています。その分類を試合途中で変えることはできません。つまり「プロはプロとして、アマチュアはアマチュアとして競技にエントリーし、プレーし、終了する」というのが原則です。

さらにプロ競技の主催者推薦や選考会(マンデー)に出場するにあたってもプロとアマチュアで違ってきます。例えばアマチュアとして主催者等の推薦を受けてプロ競技の本戦、もしくはマンデーの出場資格を得たとします。ところが大会前にプロ転向したり、アマチュア資格を喪失する行為(賞金を受け取る等)があった場合、その競技がプロトーナメントであっても出場できない場合があります。というのも主催者推薦枠や選考会の出場資格は大会ごとに「アマチュア枠何名、プロ枠何名」と細分化されているケースが多く、選手の身分(プロorアマ)によっては推薦出場の条件を満たせなくなる可能性があるのです。過去にアマチュアとしてマンデートーナメントに出場し、本戦出場権を獲得した選手が直近に出場したミニツアーで賞金を受け取っていたことが発覚し、本戦のレジストレーション(出場登録)の段階で出場を取り消されたケースがあります。


20150406_01.jpg
プロ競技の主催者推薦や選考会も立場に応じて出場資格に関して詳細な取り決めがある

<賞金>
賞金に関しては注意が必要です。たとえばツアー競技ではない、ミニツアーや後援競技などでも賞金を受け取ってしまうとアマチュア資格喪失になります。さらに「賞金にして、賞金にあらず」という性質のお金も存在します。賞金というのは大会の事務局がコミッティと源泉(税金)を差し引いたお金です。例えば事務局もなく、源泉徴収も成されていないお金は「賞金」ではなく「賭博行為の配当金」ということになり「ゴルフによるギャンブリング」という違法性のある行為になる可能性があります。さらに言うまでもなく、ゴルフでお金を賭けてプレーする「ニギリ」も同様です。法律的には賭博行為になってしまいます。


gf5w1WpOL60W3KA1527089125_1527089219.png
プロ協会に入会していなくてもミニツアーなどで賞金を受け取るとアマチュア資格は喪失する

ただアマチュアがもらえる「賞金」もあります。それはプロトーナメントでは頻繁に見かける「ホールインワン賞」です。これは「ゴルフの手腕」というより「運」の性質が強いからなのでしょう。某プロトーナメントでは全ショートホールにキャリーオーバーで数百万円のホールインワン賞がかかっていたので、出場したトップアマチュアたちが「激ピン!」でもお構いなしにホールインワンを狙いまくったという話もあります(笑)

jlp18042hi.jpg
ホールインワン賞はアマチュアももらえる。だから「激ピン」でもみんな狙ったりして(笑)

<費用>
ゴルフにまつわる費用の負担は非常に複雑です。まず原則は「アマチュアゴルフファーはゴルフの費用は自己負担」です。例外として家族や法的な保護者から費用を受け取ることはできます。

さらにジュニアゴルファーの場合は競技に出場する費用を負担してもらうことが可能です。例えば高校選手権の費用を所属校が負担する場合などです。

但し、ジュニアの費用負担は「ジュニア競技が原則」となっており、これ以外の場合は所属団体から費用の支払いが成されることが条件となります。つまりジュニアがプロの競技などに出場して、その費用を負担してもらう場合は所属の団体(学校等)が直接支払わければならないということです。


o0580043513960269484.jpg
ジュニアゴルファーは部活などの関係もあり費用負担を認められる場合が多い。でも例外もあります。

この他に「ゴルフの手腕に関係のない招待」という枠組みがあります。簡単に言えば「接待ゴルフ」です。「あなたは凄く上手いから一緒にプレーしましょう。費用は私が払います。」だとNGですが「私はあなたと仲良くなりたいのでゴルフで親睦を深めましょう。費用は私が払います」というのはOKです。アメリカ大統領が日本の首相がプレーした「あれ」です(笑)


n9wD0HhgSuV8e7I1527090509_1527090539.png
接待ゴルフは費用負担もOK。とはいえ...こういうのは最低だな....プチひがみ(笑)

こういった問題には「アマチュアとプロ」との境界線の分かりにくさがあるのも事実でしょう。「あなたはアマチュアなのですか?」との問いに「いいえ、違います」と答えが返ってきた場合「ではプロなのですか?」というのは明確な質問にならないのです。正確な質問の仕方は「あなたはアマチュアなのですか?」「いいえ違います。」「では、どの団体のプロ会員なのですか?」が正しいと言えます。「アマチュアでなければプロ」という認識は少し大雑把なのかもしれません。

ジュニア育成をつうじてアマチュア競技団体のお手伝いをさせてもらっていると分かるのですが「アマチュア資格を維持する」ということはプロになることより大変だと思います。でも忘れてはならないのは「アマチュアあってのプロ」ですからアマチュアリズムを熟知することはプロになる上でも必要な知識だと思いますね。

アマチュアからプロへ転向する時期はこのように微妙な問題が発生しやすい時期でもあります。「その時点での自分の立場」を明確に認識し、疑問が生じたときは識者や関連競技団体に相談したり、質問するようにしてください。





サマーキャンプ in タイランド2018
参加者募集中


詳細はこちらをクリック!!

26907180_1324012111038790_8789978788803786142_n.jpg

サマーキャンプinタイランド2018 8/5~12

夏休みにタイでしっかり実力アップしませんか。あの坂田塾が多くのトッププロを輩出した原点となったバンプラゴルフクラブで1週間の強化キャンプを行います。1人に1人のキャディをつけて18ホールプレー、天然芝打席での練習、高機能分析システムや様々な練習器具を使用したレッスン、快適な食事と宿泊環境。日本では絶対にできない濃密なキャンプを実現しています。

26994097_1326579030782098_2017776631379714172_n.jpg
ハードグリーンで難易度を高める本格的なチャンピオンコースであるバンプラGC

<期 間> 8/5(日)~8/12(日) 68
<
場 所> バンプラゴルフクラブ(タイ王国チョンブリー県)
<
対 象> 小学校5年生~

参加費 28,000バーツ(約98,000円)
*日別参加の場合は115,000バーツ(約16,000円)


<参加費に含まれるもの>

6日間の18ホールプレーフィ ・キャディフィ ・練習施設使用料 ・ホテル6
・朝食6回 ・昼食6回 ・夕食6回 ・レッスン料

<参加費に含まれないもの>

・往復航空券 ・キャディチップ 1R1,000円 ・売店、コンビニ等個人費用 
・海外旅行保険 ・空港送迎(乗車人数で割ります)

<気候>
キャンプ期間である8月のタイの気候は「隠れたベストシーズン」と呼ばれています。7月までの気温の高い「暑気」と9月から雨が降る「雨季」の端境期で気温も8月の日本より涼しく、体力的にも日本でプレーや練習をするより快適です。
また観光客がほとんど来ないローシーズンなので混雑もなくプレーも練習もじっくりできます。

27073352_1326667100773291_625604447589581952_n.jpg
「隠れたベストシーズン」といわれる気候で快適な練習ができます

<コースプレー>
プレーは1人に1人の専属キャディを従えて毎日18ホールプレーします。キャディの大部分は英語ができますので英会話のトレーニングもできます。またキャディのマンツーマンサポートですから腕に自信がなくても安心してプレーできます。練習場、練習施設はもちろん天然芝です。

24993478_1288590707914264_2638257151615712155_n.jpg
プロ同様に自分の専属キャディを従えてのプレーで体力的、技術的な心配もなくプレーできます

IMG_0491_20180306141412019.jpg
キャディとのコミュニケーションは英会話スキルアップにも役立つ

<宿泊と食事>
バンプラゴルフクラブは大型のロッジを有して滞在中も快適に過ごせます。日本企業の駐在員向けに発展してきたコースなので食事も全て日本食となり、ストレスのないキャンプ生活が送れます。

27066882_1326579174115417_4253531903650139867_n.jpg
日本食のクオリティの高さはタイ国内でもトップ

無題
クラブハウスに隣接するプール付きホテル。

343654_120913143252895.jpg
部屋は清潔で安心、快適



お申込みアイコン-150x150
申し込みはこちら


<旅程>
8/ 5 タイ入国日
8/6 ~8/11 タイ・サマーキャンプ
8/12 タイ帰国日

<航空券>
出帰国便の航空券は各自での手配となります。ご希望があれば当方で手配いたします。

東京発(全日空)
8/ 5 NH807   成田17:00 バンコク 21:40
8/12 NH808   バンコク 00:30  成田 08:40

関空発(タイ国際航空)
8/ 5 TG673 関空 17:35 バンコク 21:25
8/12  TG622   バンコク 23:30(8/11) 関空 07:00

中部発(タイ国際航空)
8/ 5  TG645  中部 TG645 11:00 バンコク 15:00
8/12 TG644  バンコク 00:05 中部 08:00

*8/5中部便は早着15:00なのでスタッフが空港に迎えに行き、先にホテルにチェックインとなります。
*その他の便をご利用の場合は別途空港送迎を手配いたします。
*8/11は20:00頃ホテル出発に空港へ向かいます。

26907180_1324012111038790_8789978788803786142_n.jpg


過去のキャンプで活躍した機材も全て用意します

<お申込み>
お申込みエントリーフォームから仮エントリーをおこなってください。折り返し申し込み詳細が登録メールに宛に送られます。メールはPCからの発送となりますので迷惑メール設定の方は受信ドメイン @grace.ocn.ne.jp を受信可に設定願います。



お申込みアイコン-150x150
申し込みはこちら

<保護者様の同行>
保護者様の同行、開催コースでのプレー等も可能です。別途お問い合わせください。


プロの厳しさ

このブログがスタートした頃から「プロ=職業」ということを強調してきました。私は常に「プロもアマもそれ以前にゴルファー」という事を考えます。ゴルファーこそがプロとアマの選択権を与えられると思っています。ゴルファーでなければプロは「ゴルフでお金儲け」、アマは「ゴルフは遊び」と言っても過言ではないと思います。つまりどちらも「ゴルファーになる」ということが前提です。

その上で「プロ=職業」という部分はゴルフ以外にも存在します。プロフェッショナルとはあらゆるジャンルに存在するからです。

5年前に「練習と職業訓練」という記事を書きました。ここには「常に自分の職業を意識した取り組み」というものでパイロットや競馬の騎手の訓練の姿を書きました。

練習と職業訓練

プロが職業である以上、その厳しさを自覚しなければなりません。逆に言えば「その厳しさと向き合う強さ」がプロの資質だと思います。

例えばパイロットには安全に飛行機を運行する責任があり、その責任を遂行するために厳しいパイロット試験や定期航空機運行免許取得をします。

例えば医師は厳しい「医師免許試験」に合格しなければ医療行為は許されませんから、医大で勉強して医師免許取得を目指します。

web04ope07.jpg
ケアレスミスも許されない職業には「プロフェッショナル意識」が存在する

なぜ、そんなに厳しいのでしょうか?理由は簡単ですパイロットも医師も「人の命を預かる職業」だからです。人の命を預かる以上「ケアレスミス」は許されません。だからパイロットは免許取得後も日々が訓練となるし、医師は免許取得後も研究や学会を怠ることが許されないのです。それでも事故は起こり、懸命の治療及ばす人は命を落とすのが現実です。だから彼らは絶対にヒューマンエラー(人為的なミス)だけは起こすまいと自分を厳しく律し、日々研究や訓練を繰り返すのです。私はこういった職業に取り組む人たちを「本当のプロフェッショナル」と思っています。

pilot.jpg
ヒューマンエラー(人為的ミス)をなくす努力がプロの訓練

ゴルフはミスの繰り返しのスポーツです。そのミスを受け入れ、次につながるように取り組む前向きな気持ちは大切です。反面「ケアレスミスは絶対しない」という厳しい気持ちでボールと向き合えるかどうかということも重要だと思います。

もしも1mパットを外すことがケアレスミスと思うなら「1mのパターは1000回打っても外さない」という厳しさを意識する必要があるでしょう。もしかしたら1万回、10万回かもしれません。パイロットなら事故率0.1%の飛行機に安心して乗ることはできないし、1%の確率で医療ミスをする医師の出術を受ける患者はいないと思います。もちろん「絶対ない」とは言えませんが「絶対無くす」という姿勢こそがプロフェッショナルの姿です。だから日々の訓練や研究があるのです。だから進歩するのです。

26993837_1325611254212209_4394688272272282942_n.jpg
あのトッププロの練習はまさにケアレスミスをなくすための「プロフェッショナル」の訓練だった

そしてプロの仕事は「準備」です。パイロットはフライトプランという飛行計画や準備をおこない。医師はオペレーションプランという手術計画や準備をおこないます。さらに彼らはブリーフィリングという直前にメンタル面まで考慮した準備までするのです。全ては「ケアレスミス」や「ヒューマンエラー」をなくすために最善の努力をしているのです。

6f7efcc24d0bb6623a12397f.jpg
結果だけ見れば「天才」はいるかもしれない。しかしそれが通用しないのはプロの世界

確かにゴルフに限らずスポーツの世界には、他人より少ない努力で大きな成果を出してしまう「天才」と呼ばれる存在がいるのは確かです。しかし、上記のような業種を見れば分かるように「天才」が通用しないことが「本物のプロフェッショナル」の世界なのです。ゴルフ世界にもジュニアや幼少時代に「天才」といわれながら成功どころかゴルフすら続けていないケースも少なくありません。ここには「ゴルフの才能はあったが、プロの才能がなかった」という見解は決して乱暴ではないと思うのです。

964a53ca5c5dda9aca51a446c15ba923af15afc6_xlarge.jpg
全ては「不安」から生まれる「準備」という努力こそが「プロの仕事」なのかもしれない

プロに自信など必要ありません。プロに必要なのは「もしかしたら最後まで完璧にできないかもしれない」という不安と向き合いながら「それでもケアレスミスを無くす」という努力と日々の必死さだと思うのです。プロゴルファーになるのなら「この世にはプロゴルファーよりもはるかに厳しく、ストイックな職業がある」ということを知った上で取り組めば怖いものなど何もないかもしれませんね(笑)



ウィンターキャンプ in タイランド 2018 総括(1)

今年も1/15~2/3の約3週間18日の強化日程でおこなったタイキャンプを総括として振り返ってみました。前回までは「完全管理」という形でおこなっていましたが、今回は一部自主性を持たせることにしました。というのも約半数が高校3年生で4月以降はプロテストやQTを目指すことになるので日常的な自主管理や課題設定、練習方法のスキルを身に付けるということをコンセプトに盛り込む狙いもありました。

26805267_1317657765007558_7118062475588042832_n.jpg
前回以上に濃い内容を目指して準備してきました

特に練習に関しては毎年キャンプで共に練習している「あのトッププロ」がいますからプロとしての練習もそうですが自己管理や生活ぶりも垣間見ることができるからです。他にも例年とは比較にならないほどの強化イベントを準備してのキャンプスタートとなりました。
26229653_1317762911663710_6692181568119069244_n.jpg
アジアンツアーQTを終えたばかりの鈴木敬太選手も参加してくれました

26231580_1318478651592136_7730089577026602040_n.jpg
あの1億円プレーヤーが目の前で毎日練習している。これは凄い参考になります。

第1クールでは「練習の課題と方向性を明確にする」という点をコンセプトにします。「ゴルフにおいて65%~75%はパッティングとショートゲームで結果がきまる」という考えでショートゲーム強化は特に重視しました。

26908115_1324012221038779_5788403062819010404_n.jpg
26733350_1320917068014961_7930253887154391792_n.jpg
ショートゲームに関しては特に様々な課題を用意して練習しました

ウエッジでは「寄る、寄らない」ではなく、「どんな高さ、どんなスピン、どういう風に打つ」という意識を高めた練習をしてもらいます。またパッティングでも「どの水準をもってよしとするか」という意識を明確にしてもらいます。いわゆる「日本の日常化された練習のルーティンワークからの脱却」ということはかなり盛り込みました。

26907180_1324012111038790_8789978788803786142_n_20180322123828fcc.jpg
もちろんショット練習ではトラッキングをおこない理想的な弾道の模索もおこないます

そしてそのために必要だったのは「当たり前と思える基本時術の本質的な意味を理解してもらう」という点です。グリップ一つとっても多くの選手は初歩の段階で「それは、そういうもの」という認識で覚え、練習してきています。しかし「なぜそうなのか?」という機能論理を認識することで「新たな技術への派生」「問題点の原因の発覚」などが理解できるのです。優れたゴルファー程「シンプルな基本」という部分をより強く探求していくのです。

26992154_1320851764688158_23347892880693116_n.jpg
斎藤トレーナーによるトレーニング指導はこの日だけで1クール分の価値がありました

さらに第1クール終盤で大きなイベントを用意しました。アメリカのLPGAツアーで多くの選手のフィジカルトレーナーを務める斎藤大介氏に来ていただき、ツアー現場で実際に選手たちがおこなっているトレーニングやエクササイズ指導、個別のパーソナルチェックで今後のトレーニングメニューまで作成してもらいました。これは過去にも例はなく、本当に貴重な経験になったと思います。

26734179_1320851864688148_8476040184343361059_n.jpg
26804937_1321037134669621_7981671582647331971_n.jpg
個別にトレーニングメニューまで作っていただきました

またLPGAツアーからパンナラット・サイパーン選手にも来ていただき、選手たちとプレーしてもらいます。本場のLPGAツアーの選手と何が違うのかを体験できたと思います。第1クールの時点で相当に濃密な内容となりました。

26734145_1321116841328317_83021106024565175_n.jpg
26993653_1320904551349546_6165201843138498321_n.jpg
実際に本場LPGAの選手とプレーして自分と比較するチャンスは滅多にないと思います

IGAスプリング新潟キャンプ2018募集

日 程
4/22(日) ヨネックスカントリークラブ
4/23(月) ヨネックスカントリークラブ
4/24(火) 新潟サンライズゴルフコース
*天候、コースの事情で変更になる場合があります。

参加費
ジュニア     10,800円(施設使用料、昼食込み)
一般(22歳迄)    6,000円(昼食、プレーフィ8,000円程度は自己負担)
IGAアカデミー生   経費自己負担のみ


宿泊 6,500円(1泊朝食付)~

*アカデミー加入に関してはお問い合わせください。

*最寄駅からの送迎に関してはお問い合わせください。




お申込みアイコン-150x150
申し込みフォームPC


airport_haneda_09.jpg
申し込みフォーム スマホ


お問い合わせ
inoue1967pga@grace.ocn.ne.jp




IMG_20170424_150321HD.jpg

20170424_110315.jpg

18119070_1086920791414591_4515996800447587106_n.jpg

第17回トゥルービジョン国際ジュニア選手権2018 参加者募集

タイTV民放最大手の「トゥルービジョン」がシンハービール、PTT石油公社、タイ国際航空、サイアム財団といった大企業のバックアップで「世界の頂点を目指すジュニア育成」のコンセプトで始めたのが「トゥルービジョン・ジュニアゴルフツアー」です。年間12試合程のツアーが組まれており、開催国はタイにとどまらず、インドネシア、インド、中国、マレーシア、シンガポール、アメリカとツアー自体が国際的なサーキットシステムで運営されることで、ジュニアのうちから「ツアープロとして感覚を養わせる」ことにも成功し、昨今の国際舞台におけるタイ選手の活躍の原動力となっています。世界アマチュアランキング対象競技であり、各国からも全米ジュニアチャンピオン等のトップ選手が数多く集結します。日本選手は2016年は男女Aクラスでアベック優勝、2017年も男子Aクラスで優勝者している大会です。

期 間  2018/4/1~4/7

遠征場所 タイ王国チョンブリー県パタヤ地区

大会名称 15th TrueVisions International Junior Golf Championships 2016
  (第15回トゥルービジョン・インターナショナル・ジュニアゴルフ・チャンピオンシップ)

競技日程 ABクラス男女4/3~4/7 72ホール  Cクラス男女 4/3~4/6 54ホール

開催コース Siam Country Water Side 

宿 泊  Golden Beach, Pattaya

クラス分け(4/5時点の年令)
BAクラス(男子 15才~20才)   BBクラス(男子 13才~14才) 72ホール
GAクラス(女子 15才~20才)   GBクラス(女子 13才~14才) 72ホール
BCクラス(男子 11才~12才)   BCクラス(男子 11才~12才) 54ホール
*各クラス、1バックキャディ付きの歩きプレーです。
*キャディは日本語は使えませんが英語は使えます。

12924387_801041196669220_7646760918585483165_n.jpg


費用の詳細
参加費 38,000バーツ(約135,000円)2/15現在の為替

<参加費に含まれるもの>
・エントリーフィー ・宿泊費(6泊)  ・空港送迎 ・コース-ホテル送迎 ・プレーフィ(5R分)   ・朝食6回、昼食5回、夕食6回 ・練習ボール ・ユニフォーム ・現地コーディネーター料 

<参加費に含まれないもの>
・キャディフィ、チップ400バーツ/ラウンド ・航空運賃等バンコクまでの交通費 
*その他、個人費用としてホテルチップ20バーツ/1泊、水ドリンク代、練習場代、個人的な小遣い、洗濯代

<申し込み、問い合わせ>
申込はメール、フォームでも受け付けております(クリックでフォームが立ち上がります)
メール   inoue1967pga@grace.ocn.ne.jp
フォーム  https://www.secure-cloud.jp/sf/1518752986KPgPVkfn

申込締切 3/12

12670507_580822005428491_5959805941648049644_n.jpg

12923113_799819686791371_7415967086264683725_n.jpg

JLPGAの2019年のプロテストとQTについて

JPGA(日本女子プロゴルフ協会)が2019年よりQT(クオリファイトーナメント)の出場資格をプロテスト合格者となるJLPGA会員のみに限定する方向を打ち出し、波紋を呼んでいます。「時代に逆行している」「若い選手の目を摘んでしまう」との声もありますが、私なりの見解と今後の日本の女子プロゴルフ界の展望を考察してみたいと思います。

ef0989c0d08a61696edb4b1ef986db4c1905c3c1.jpg
プロテストに合格しなけばQTに出られない。では新しいプロテストシステムにも興味がある

まずはプロテストシステムですがこの規定変更のカギを握るのはプロテストのシステム変更です。現在は順位で競う「相対評価」ですが、規定のストローク以内でプレーすれば合格となる「絶対評価」にするのであれば悪い変更ではないと思います。本来、プロテストは「プロゴルファーとしての最低ラインの技量を有しているか?」という実技審査ですから現在のような順位で合否を決めていたのでは合格ラインが年度によって大きく動いてしまい、プロ資格取得を目指して努力する人には非常に分かりにくい目標となってしまいます。事実、日本以外でプロテストを実行している国(非常に少ないですが)ではスコアによる合否システム、つまり絶対評価を採用しています。そして以前は日本でもプロテストは絶対評価システムを採用して3ラウンドを12オーバー程度で合格でした。

img-main_20180216152428bc0.jpg
ちなみにこの方々の時代、プロテストはスコアで決まる絶対評価

さて2019年以降はプロテストからQTへと進むことになるのですが、このシステムは実は目新しいものではありません。というのも男子のJGTOツアーは1998年の発足当時、ツアー出場統一予選会と称してPGA(日本プロゴルフ協会)プロテストの1次予選から最終テスト3ステップを勝ち抜いた合格者にPGA会員を加えた選手で4次予選、最終予選へと進むシステムでおこなっていました。後にJGTOがQTを整備することでプロテストに合格せずともツアーを目指すことができるようになりました。JLPGAがいうシステムは男子ではすでに行われていたシステムなのです。

C6RnkvmU0AAgA4q.jpg
日本選手以上に外国人選手にとっては「狭き門」になる

これは、あくまでも推測ですが今までのオープンなQTが今後、日本選手より海外選手に有利に働いてしまう可能性、結果としてツアーが今以上に海外選手に席巻され、最終的にはツアー自体の人気が下降する事を懸念しているのかもしれません。反面「世界中の人から見てもらえる魅力あるツアー作り」という点ではマイナス要素にもなります。私的な見解ですが「日本は世界を目指さずにあくまでも日本国内におけるツアー発展の意志を示した」という見方ができます。

様々な角度から見ると、プロを目指す日本の若い女子選手に逆風に思えるシステムでも、長い目で見れば日本選手を守ってくれるシステムという見方もできるのです。

男子ツアーの人気低迷にはQTオープン化によって外国人選手が大量に流れ込んだことが一因であることは多くの人が知るところです。結果的に日本の若いプレーヤーは海外に活路を求めるようになり、ここ数年は海外の下部ツアーで揉まれた選手が国内でも活躍するようになりました。

IMG_4755-550x413.jpg
アジアの若い選手が最も興味があるのはシステムではなく実力

以前から書いているように「プロツアーはアマチュア競技とは違い興行であり、その興行を運営する統括団体は興行主である」「プロゴルファーはその興行に出演する役者であり、配役を決めるのは全て興行主である」という2点です。

就職活動に置き換えて考えれば新卒雇用する企業が採用条件を変えたからといって、その企業どころか業種まで希望進路を変えてしまうのでしょうか?自分がその業種を職業として希望しているのであれば他社へ変えることになると思います。プロツアーの場合の他社とは言うまでもなく海外ツアーです。

201607017702.jpg
男子ツアーでは海外で揉まれて日本に帰って結果を出す選手が増えている

「強い奴はどこに行っても強い、強い奴はどんなシステムでも強い」というのがプロの世界の不文律です。日本にとどまらず、ガンガン海外にでる日本選手こそが日本のゴルフ人気の原動力となったスターであることは松山、石川、宮里、畑岡が実行し、証明してくれていると思います。

知っておきたいアメリカ大学ゴルフ

年の瀬も近づき、高校3年生の進路か徐々に決まってきました。もちろんプロの道に進む選択をする選手もいますが、やはり大学を選ぶケースが多いです。

ジュニアを卒業した後に大学に進み、ゴルフ部に在籍して更に4年で腕を磨き、プロ転向というのも選択肢てしては「アリ」ですね。中にはアメリカの大学にゴルフ留学という話も耳にします。

16_05_00.jpg
スタンフォード大学はゴルフ部専用のコースを持ち、定期的にリノベーションされる

ジョーダン・スピースに代表されるアメリカのトップ選手たちは大学リーグで活躍してプロ転向して成功していますから「やはりアメリカ大学の方が強くなるのでは?」と思われているケースもあるようです。そこでアメリカと日本の大学ゴルフとはどのように違うかを書いてみましょう。

まず大学の数が日本の約750校に対しアメリカは約4300校ですから日本の5倍以上あります。このほとんどの大学がゴルフ部を有しています。アメリカではゴルフはポピュラーなスポーツということでしょう。環境の良さは言うまでもありません。

11127817_649829771790364_4914943780626846691_n.jpg
タイのジュニア選手権を共に戦った原田くん(右端)はニューメキシコ州立大のスカラシップを得た

また「ゴルフの名門校」も数多くあります。タイガーやミシェルウィーで日本でも有名になったスタンフォード大学、NCAA(全米体育協会)で常に上位にランクされるデューク大学、アリゾナ大学、ジョーダン・スピースらを輩出したテキサス大学、等々。こういったアメリカの大学ゴルフ部は徹底した少数精鋭で、大部分のゴルフ部が男女ともに全学年合わせて10人以下です。アメリカではスポーツにおいて「コーチの権限が絶大」という認識ですから、指導強化しやすく、リーグ戦に必要かつ、部内で適度な競争原理が働きやすい人数になるようです。

DIIIWGolfjpg-3273253_540x320.jpg
チームとして徹底した少人数制、これが恵まれた環境が加わることで高い強化性を獲得している

最も大きな特徴は「一般学生として大学に在籍できても、ゴルフ部には入れてもらえない。」という部分です。ゴルフ部員は全てスカラシップ(奨学生)でコーチの推薦を受けて入部した学生に限られているのです。大学によってスカラシップの待遇は違いますが、中には月数百ドル程度の「お小遣い」まで支給する大学もあります。

昨今では、このスカラシップのスカウティングを現在では海外にまで広げています。名門デューク大学の女子は部内でアメリカ人は一人しかいないと話題になりましたが、今後もこの傾向は進むと思われます。タイでもジュニア達の進路の選択肢にプロの他にアメリカの大学でスカラシップ獲得が多くなり、ジュニア大会の会場ではスカラシップの説明会も開かれています。

aaaa6547arpi_201712012237169bf.jpg
PRIMAもアイオワ州立大でスカラシップを得て、NCAAリーグで活躍し、卒業後はLPGAツアーへ

ここにはゴルフに限らずアメリカのカレッジスポーツの人気も後押ししているのも事実でしょう。バスケやフットボールが代表ですが公式戦では入場料をとったり、グッズ販売などを行って潤沢な財源を確保し、分配する事もしています。フットボールなどは人気のある対戦カードでは10万人収容のスタジアムが超満員になります。しかし選手やチアリーダーのコストがありませんから莫大な収益をあげることになるのです。

20070904_214228.jpg
T2eC16dHJHEE9ny2srQiBQLShSd21Q60_571.jpg
この絶大な人気が恵まれた環境を実現するための潤沢な資金を生み出す

アメリカの大学ゴルフは日本の体育会、部活動、サークルといった性質ではなく「チーム」という形で運営されています。結果として個人競技のゴルフでありながら選手は「チーム」に対する帰属意識を強く持つようになります。

アメリカの大学出身プロたちの多くが大学時代に既に「報酬の授受以外は全てプロ」という形式で活動しているのです。それ故に大部分の選手がPGAツアー等でも新人とは思えない、立派な振る舞いで、ファンを獲得でき、ツアーも発展するのです。彼らはスカラシップを受けた時点で「プロ意識」を持って4年間を過ごすことになるのです。

golftitlejpg-3280163_768x432.jpg
NCAA女子を制したデューク大はアジアからの留学生たちが主力でアメリカ人は1人

もちろん全てのゴルフ部員がプロを目指す訳ではなく、卒業して学士号取得後は大学院で修士号取得を目指したり、自身をキャリアアップさせてセカンドライフに備える学生が大多数です。彼らは大学時代をプロ同然の選手生活を送っていますから、卒業後は正に「セカンドライフ」と位置づけても良いようです。

12241664_965178543556297_7934446964087098306_n.jpg
私のジュニア強化メンバーのひとりだった吉原くんは、渡米後は名門UCLAのスカラシップを獲得

それだけに学業も楽ではありません。アメリカのカレッジスポーツは全てNCAA(全米体育協会)が主管となり、細分化された規則が定められています。学業成績は一般学生と同等に扱い、いわゆる「下駄をはかす」行為は禁止されています。成績が悪いとレギュラーを外され、試合に出られません。これが大学単位でなく、NCAAが決めた共通規則です。

また、NCAAには「チームが7日間以上の遠征する場合は家庭教師の帯同を義務付ける」という規約もあります。この部分が「アメリカは文武両道」と言われる認識の要因にもなっているようです。NCAAの強豪大学は必ず専属の家庭教師によるサポートがあることで、日中の練習や試合で不足した分は家庭教師が補充しているのが実体です。

IMG_20170826_164920HD.jpg
タイのAMGジュニア選手権会場ではアメリカのスカラシップのガイダンスもおこなわれれる

徹底した少人数と恵まれた練習環境、プロ水準の試合システム、学生としての学業サポートの充実あっての「文武両道」なんですね。以前、日本で「アメリカは文武両道なんだ、日本もゴルフばかりでなく、勉強をさせろ!」と言っていた人がいました。この環境実体を知った上で言ってほしかったです(笑)

IMG_20171111_152550HD.jpg
AMGジュニア選手権を優勝したビームちゃんも来年からスカラシップを受けて渡米します

このようにアメリカの大学ゴルフ界はさながらプロツアー並みの運営によって得た利益を選手の育成や環境整備に還元するシステムが確率されているのです。

アメリカのみならず、英語圏の国や英語教育が進んでいるタイや韓国のジュニアにとっては「トッププロになるための最も理想的なルート」の一つなんです。もちろん「絶対、アメリカの大学が最高!」とは言いませんが選択するコンテンツが増えることで自分の視野や方向性を広く持ち「流されないゴルフ活動」ができると思います。

AMGジュニア選手権(6) 一人では戦えない

最終日を前にしたミーティング。「勝敗は運が決める。最終日の戦い方なんてない。」ということ。そして「プロは1人で戦うことはできない。自分以外の誰かの為、誰かのおかげで戦えるのがプロの最終日の戦い方」ということ「もしも不本意な結果になったら、それは全て自滅です。理由は全て自分にあると思え。」という事を伝えます。日本にはないジュニアの4日間トーナメント、それも親善目的のフレンドリーゲームではなく強化目的のアウェイゲーム。「強くなるための何か?」を個々に掴んでほしいのです。達観したような認識ではなく、最後まで熱くなるようなプレーができるかが重要。そんなゴルフがプロとして成長した時に「人に感動を与えるゴルファー」に成れるからです。

23319122_1259364577503544_8766951894863062364_n.jpg
石川は選手のために毎朝おにぎり朝食を握ってくれた。陰で支えた1人と思ってほしい。

様々な人達のサポートがあります。選手のために日々動いてくれる筧マネージャー、この試合を企画して招待してくれたファトラム社長、ハイシーズンに送迎車と運転手を快く提供してくれた振角社長、運営や設定をしてくれたAMGスタッフ、ともにプレーして支えてくれるキャディ、夕食や朝食を自ら作ってくれる石川社長、送り出してくれた家族、そして最終日も共に戦うライバルたち。それを全部、勇気に変えてコースに立ち向かえばよいのです。本当に戦うべき相手と戦う目的だけは明確にしてもらいます。私はそれを「フィールド」と呼んでいます。最終日は最高のフィールドワークを目指してもらいます。

23435087_1261073817332620_2672805194494430302_n.jpg
スタート前のルーティンワークに目的意識が感じられるようになったのが一番大きい進歩

最終日スタートです。この日は初めて日本選手全員が「表街道」のアウトスタート。優勝、展開次第でも入賞が狙える位置からのスタートということになります。

23319306_1261076920665643_729288630403589268_n.jpg
緊張する千怜ちゃんを経験者の翔香ちゃんが落ち着かせる

女子Bクラス最終組の千怜ちゃんは2打のアドバンテージをもってスタートしますが、千怜ちゃんは6番時点で遂に2位の選手につかまってしまいます。さらに8番で逆転、10番ではバーディー、ボギーで逆に3打差つけられてしまいました。残り8ホールです….

IMG_2628.jpg
ついに逆転を許してしまう。しかしここからが強かった

女子Aクラス、最終組から1組前の みらいちゃん、初日の失敗を焦らずに着実に順位を上げて最終日はアウトスタートに返り咲きましたが。このあたりは昨年より試合経験を積んでレベルアップしたしたと言えます。しかし最終ラウンドになると疲れが少し見えています。昨年は3日目に疲れが見えました。彼女にとってチャンピオンシップ経験は今後の大きな糧になるはずです。

IMG_2629.jpg
2日目以降、長いホールでも冷静かつ積極的なプレーをするようになったのは進歩

女子Aクラス最終組の翔香ちゃん。首位との差を早く縮めておきたいのですが空回り気味。今年は日本女子アマやタイアマチュア選手権、過去にも海外遠征で数多くの4日間トーナメント経験のある彼女です。しかし今回のAMG選手権のハードさに3日目終了時点で「ガス欠」という状態になっているのが見受けられます。前半で首位グループに大きく離されてしまいます。

IMG_2623.jpg
「ガス欠」になった最終日、そこからが本当の強化試合の始まりだった

男子Bクラス最終組の小屋くんはワリスについていき、優勝は無理でも入賞は狙いたいところです。オーストラリアで経験した初の4日間トーナメントでは芝の違いで全く通用しなかったそうですが、今回は順位を意識したプレーができています。

IMG_2603.jpg
自分の武器と自分の弱点を同時に向き合わされる。優れたライバルはそれを教えてくれる。

男子Aクラス最終組から1組前の大輝くんも「自分のベストプレーで順位を上げる」ということに集中しています。今回のメンバー中では最も体力面に余裕があり、じわじわと順位を上げていますので期待できそうです。

IMG_2600.jpg
時間はかかっても「自分の課題」が分かれば、その瞬間から自信が見えてくる

日本選手の先頭をいく千怜ちゃんの組についていた筧マネージャーから「14.15番の連続バーディーで首位を捕まえました!」のLINEが?!スコアを落とすインコースに入っての追撃。そして17番パー3では「あわやホールインワン」のスーパーショットで再逆転!最終ホールをパーで納め、劇的とも言える幕切れで優勝を手にしました。

yonex201708013.jpg
苦しかった。でも一人で戦ってなかった勝利だから周囲にも感動を与えることができた

続く みらいちゃんも頑張りました。何といっても初日の失敗が大きかった思います。ホールアウト後にも「選手権では初日の大切さが身に染みて分かった」と語ってくれました。そうなんです。その経験が戦い方を覚えさせてくれるんです。悔しいけれど収穫が大きな試合になりましたね。

IMG_2618.jpg
着実に進歩している印象のある みらいちゃんは今後は楽しみなプレーヤー

女子Aクラスの最終組から「翔香ちゃんがインコースを3バーディーで首位に2打まで追い込んできた!」との連絡が入ります。これには驚きました。残り7ホール時点で首位とは7打差ありましたから、もはや絶望的な状況でした。首位に飛び出したビームちゃんも調子良かったので、まさにスーパーチャージとも言える追撃は最終ホールで優勝が手に届く場所まで伸ばしたのです。結果としては最終ホールで力尽きる形になりました。どちらかと言えば、大詰めではスコアを崩す展開が多かっただけに、この驚異的な追撃力は今後必ず生かされてくると思います。

23472250_1263154700457865_7333853258179487231_n.jpg
誰かに背中を押してもらっていると感じた時に底知れない強さが生まれてくる

大会も無事終わりました。岩井千怜ちゃんが女子Bクラスで優勝。AMGツアーのシリーズを通じて初の外国人優勝者となりました。男子Bクラスの小屋将一朗くんが4位入賞、女子Aクラスでは古家翔香さんが4位入賞、鴻上みらいさんは7位、男子Aクラスで斎藤大輝くんが8位という結果でしたが、結果以上に得たものは多かったと思います。この遠征の経験が今後の練習や試合に生かされることが一番大事だと思います。千怜ちゃん優勝おめでとう。その他のみんなも凄く良かったです。この経験を忘れずに取り組めば必ず大きな力になります。
涙あり、驚きあり、悔しさあり、だから喜びもあり、みんなこんなに心が動いた試合はなかったかも知れません。でもそれが強さの原動力となり、人にも感動を与えることができるプロゴルファーの戦い様ということを感じてもらえば、この遠征の強化は成功だったと思います。

23434797_1261373283969340_2350837561078008113_n.jpg
「未来のスター」を育てるジュニアツアーだから、スターの卵らしい戦い方をしてもらいました

23435024_1261417097298292_862222439115139807_n.jpg
「楽勝」ではない勝利だったから、プライス以上の価値と経験を与えてくれたと思います

PS.このブログを書き上げる前に結果が出てしまいました。AMG選手権からわずか2週間後、古家翔香さんが中国のミッションヒルズで行われたチャイナ・アマチュア選手権で見事に優勝しました!!自身としても初のチャンピオンシップ制覇。首位タイで迎えた最終バックナインで2位を引き離すという勝負強さを発揮しての優勝。この試合の経験が生かされたと思います。翔香ちゃんもおめでとう!

23905691_1960124284251139_5864457674598983122_n.jpg
「勝負強さ」を鍛えたら、いきなり成果が出てしまいました(笑)

AMGジュニア選手権(5)アウェイで強くなる

大会3日目、競技は本来のチャンピオンシップ・ラウンドに突入することになります。地元タイ選手たちの目付きが前日とは違ってきます。このあたりはタイのジュニア達が4日間競技に慣れていることを物語っています。3日目は「プライス獲得に向けたクラッチラウンド」なのです。

23319480_1259397574166911_8981559063246909514_n.jpg
チャンピオンシップラウンドに入るとタイ選手たちの雰囲気が変わる。4日間を知っているんですね

この試合は出場選手の大部分が地元タイ選手という「国際試合」というより「アウェイ試合」といった方がよいかもしれません。しかし、将来プロとして戦っていくのであれば「アウェイ試合」の経験は親善的性質の国際ジュニア試合よりも強化性が強いと思います。日本ツアーで悔しいくらいに勝ちまくる外国人選手の強さは「アウェイの強さ」なのは多くの人が知るところなのですから。



日本選手たちにとっては2日目に順位を上げたのは みらいちゃんだけで、千怜ちゃんはキープ、残りの2人は順位を落としていますから3日目はまさにムービングデーしなくてはなりません。タイ選手もテンションが上がる中でどこまでいけるのか?

23380033_1260231860750149_3233854826566555278_n.jpg
セーフティリードを作ることができるのか?

男子Aクラスの大輝くん。昨年のメルセデス選手権や過去のキャンプ経験で誰よりもブラパの難しさを知っています。そして、過去の経験以上に難しいコースセッティングですが決して怖気づいていません。タイの試合における自己ベスト更新という明確な目標を持っているからです。ある意味、彼がこの試合の目的を一番理解していると思います。

IMG_20171110_104439HD.jpg
アメリカのアカデミーで得たものは技術ではなく「自分にあきらめない気持ち」ということが伝わってきます

男子Bクラスの小屋くん。2位には返り咲きたい目標もありますが、それと同時にワリスくんから何かヒントを得られれば良いと思います。あくまでも強化目的の試合なのですから。

23380176_1260321450741190_4606776237285868226_n.jpg
規格外れのライバルとのプレーは辛い、でもそれは最高の経験の積んでいるんです

女子Bクラスの千怜ちゃん。首位とはいえ2打差ですから予断は許しません。できる事なら2位との差を広げて最終日は独走したいところです。バーディースタートで好発進しました。

IMG_20171110_093057HD.jpg
序盤は2アンダーペースでセーフティリード作っています

IMG_20171110_092848HD.jpg
でも忘れてはいけないのは、アウェイです。このまま相手が黙って逃がすわけはない

IMG_20171110_114936HD.jpg
圧倒的なスキルを持つ選手の根拠を探る姿勢はジュニア期にはあってほしい

女子Aクラスの みらいちゃんは未だインコーススタート。2日目スタート前に「初日の失敗を1日で取り戻そうとすれば、難コースに返り討ちに合う。カットがない試合なんだから2日かけてアウトスタートに戻ってくればいい。」とアドバイスしましたから、落ち着いたルーティンワークでプレーしています。彼女に関してもう一つ興味があったのが「体力面」。昨年は3日目に疲労が見られ極端にパフォーマンスが落ちていたのです。このあたりがどの位、進歩したのかは注意してみることにしました。

IMG_20171110_082219HD.jpg
着実に進歩している。その取り組み方は絶対に実を結ぶ日がくる期待感があります

女子Aクラスの翔香ちゃん。2日目は17番の失敗で最終組から滑り落ちてしまいました。スタート前からキャディが翔香ちゃんにチッピングのアドバイスをしています。プロツアーの経験のあるキャディは技術面より、心理面からくる狂いをアジャストするアドバイスができますから心強い味方です。

IMG_20171110_075151HD.jpg
絶対に最終組に返り咲いて最終日をプレーしたい。

大輝くんは目標の「タイの試合のベスト更新」を達成します。8月に単身渡米してアカデミーで腕を磨く日々は彼に流されずに前を向いて進む行動力を与えてくれたと思います。小6からタイに連れてきて6年…たくましい大輝を見れるようになりました。

23472439_1260494034057265_6296390810069733462_n.jpg
苦しい局面でも向き合って、冷静に判断してベストを尽くす姿勢が見え始めた

小屋くんはワリスくんとの差を縮めることはできませんでしたが、3位で最終日最終組を確保します。初遠征のオーストラリアよりは温暖性の芝への対応もできるようになってみたいです。あと1日です。

IMG_20171110_101815HD.jpg
「自分の武器」で通用するのものから勝負する。それを磨けば活路は見えてきます

アウトで2位との差を5打まで広げた千怜ちゃんでしたが、やはり鬼門のインでスコアを落とし、差はスタート時点の2打差のままで最終日を迎えることになりました。初の4日間トーナメントですから、かえってこのような形の方が今後の役にたつ経験と思ったりして(笑)

IMG_20171110_122527HD.jpg
徐々に4日間の難しさが襲いかかる。それが経験できれば大成功

みらいちゃんはこの日もインで我慢して、アウトで伸ばすというプランを見事に実行。順位を上げて最終日はアウトスタートに返り咲きます。昨年に比べてパワー、持久力が格段に向上しています。もちろん、それ以上に必要なのも確かですが今後に向けて楽しみなってきました。

23376535_1260487887391213_6464957486260172177_n.jpg
焦らずに自分のゴルフを試合にフィットさせていけば順位は上がる。それが4日間の魅力でもある

翔香ちゃんもアウトはアンダーペースでプレーしていましたが、7番のティショットのミスからリズムを失います。しかし、そこから我慢のゴルフでスコアをキープして順位を上げ最終日最終組に返り咲きます。

IMG_20171110_092710HD.jpg
単調な4日間より、厳しい4日間が良い。だってメジャーはそうだから

そして明日は最終日。その前に彼らに教えておかなければいけないことがあるんです。

AMGジュニア選手権(4) 大会2日目、ルーティンを考えろ!

大会2日目。前夜のミーティングでは「スタート前のルーティンワーク」や「プリショットルーティン」に関してアドバイスします。

23376193_1258952694211399_9002876245143092428_n.jpg
韓国焼肉食べながらルーティンワークのマズさをお説教!(笑)

ジュニア達を見るとスタート前は練習場➡グリーン➡ティグランドという流れが出来上がっています。そこで「何故?」の問いに「いつもそうしている。」の回答。日本ではボールの球数制限などでスタート前の選手の練習すら主管側によって管理されているということを知りませんから、日本の試合経験によってそのようなルーティンワークが出来上がっているのです。

IMG_2581.jpg
みらいちゃんはルーティンワークを変えることで上向いてきます。

しかし、海外、ましてプロの世界では試合によって多種多様。いち早く主管側の運営意図を理解して、少しでも自分に有利なプレスタートタイムを過ごす必要があります。まずは「スタート前のドライビングレンジはスタートホールの為にする。」ということ「ゲーム全体の流れを決めるパッティング練習は2回行う」「試合の流れを左右するチッピングを必ず行う」ということを伝えます。「ボールを打つのが上手い選手は勝てません。試合が上手い選手になりましょう」が課題です。

IMG_2575.jpg
ルーティンワークの差はゴルフや競技の認識差に育まれる場合が多い

そして、2日目のスタート前のルーティンワークに変化が現れました。自分のスタートティとドライビングレンジ、練習グリーンの配置まで考慮して「効率よく、どの順番で、何をするか?」という工夫を各自が始めました。コースの施設の配置まで考えて準備する意識は大切だと思います。

IMG_2563.jpg
スタート前のルーティンワークを考えて徐々にタイにも慣れてきた

このルーティンの自己管理が徐々に効果を表します。初日に出遅れた みらいちゃんは少しでも気にいならければ仕切り直し、周囲など気にせずに自分のルーティンで集中することで徐々に力を発揮し始めます。バック9に入るころには随分と強気なプレーをするようになりました。

小屋くんは初日2位だったのですが、同い年の首位のワリスくんに圧倒されています。ワリスくんは近いうちにナショナルチーム入りを嘱望される逸材で、このブラパの難コースをアンダーペースでプレーしてのです。「飛距離は自分の方が出るのに、ウエッジの能力が違いすぎるんです。こんな凄い奴、日本では見たことがない・・・」と言ってきました。私の目から見てもショートゲームの上手さは群を抜いています。そのスキルが「多少ブレてもスコアを作れる自信」に反映しているんです。小屋くんは「最終日まで一緒にプレーできるように頑張れば、ショットも見れるし、上位も狙える」という明確な目標になりました。

IMG_2584.jpg
「日本でこんな凄い奴見たことがない!」小屋くんの目線の向こうには

IMG_2585.jpg
ワリスくんのスタイルはタイ選手としてはスタンダート

初日のプレー中での翔香でルーティンは概ね安定して見えました。しかし「ある違和感」を感じたのです。この日はフロント9をアンダーで折り返して首位を追いかけます。迎えた17番パー3を見ると、2段グリーンの左下のピンポジションに対して右下にティショットを打ち、セーフティなポジションをキープ。2位の選手は上の段にオンさせてしまい、3パットはほぼ確実(っていうか3パット)、首位の選手は右のバンカーの淵に大きく外し、スタンスもとれない大トラブル。

IMG_2588.jpg
日本なら絶体絶命のトラブルに時間をかけてイマジネーション満点のスーパーリカバリー

ところが首位のNAPABACH選手はこの超難易度の高い局面でロブショットをグリーン上段に落とし、傾斜を利用した転がりで見事に1mに寄せてしまいます。翔香ちゃんはチッピングが大ショート、そこから3パットでダブルボギー。16ホールかけて近づけてきた首位との差を逆に広げられてしまったのです。まさに「タイの技術」に打ちのめされた瞬間でした。

IMG_2589.jpg
あんなリカバリーを目の当たりにして動揺しない方が難しい。克服するには自分もできるようになるしかない

ホールアウト後のアテスト中にキャディに聞くと「グリーンの速度を警戒しすぎてチッピングがショートになる。」「最後の打順になるとルーティンが早くなる」という見解。私が感じた違和感と全く同じものでした。これが3日目の課題になります。

23319537_1259706650802670_6340616859811917788_n.jpg
2日目の夜は石川社長特製ハンバーグカレー食べ放題。きつい時だから旨い!(笑)

AMGジュニア選手権(3) 数字と闘うな!コースと闘え!

いよいよ大会初日です。
前夜のミーティングで「おそらくコースは最高難易度に設定してくる。思うようなスコアにはならない。日本の感覚でスコアを意識するとストレスが溜まって大たたきになると思う。」ということを告げておきました。

IMG_20171108_070323HD.jpg
スタート前の雰囲気も日本のように厳粛ではなく、非常にフレンドリーな空気なのが国際試合の特徴

ブラパゴルフクラブの難しさはコース難易度の指標となるスロープレートにも表れています。トーナメントティからのスロープレートを日本の名だたるコースと比較すると…

ブラパゴルフクラブ 142
霞ヶ関CC東     136
大洗GC        138
小樽CC     140

いずれのコースも通常営業では最高難易度になるセッティングはしていません。しかし、今回のブラパに関しては「トーナメント設定でいく」という趣旨を聞いていました。同年のパタヤオープンの女子の部では優勝スコアは3日間トータル214ストローク、つまり8オーバーという部分がその難しさを物語っています。

IMG_2551.jpg
自分の専属キャディを従えての試合はほとんど初めての経験

IMG_2558.jpg
初日のフロント9でいきなり海外の洗礼を受けてしまう。しかし、このあとはしっかり巻き返した

インスタートの岩井千怜さんはフロント9で4パット2回、バック9では1アンダーでプレーして5オーバー77と本人としては不本意すぎる大叩き。ところが女子Bクラスでは首位に立っています。男子Bクラスの小屋くんも自分としては超不本意な78…ところがこれも2位。

IMG_20171108_100203HD.jpg
海外初挑戦のオーストラリアでは「全く歯が立たなかった」という小屋くんも今回は入念な準備ができた

IMG_20171108_111136HD.jpg
練習ラウンドの成果か、優勝候補筆頭のパークくんに「チッピングが滅茶上手い!!」と褒められた。

そうなんです。日本ではこのようなセッティングでプレーした経験がないのです。言い換えるなら「日本のコースはどこであっても大体同じスコアで順位が成立する。」のに対し「海外では大会ごとにトーナメントの趣旨に基づいたセッティングになる。」ということなのです。このあたりはUSオープンのようなメジャーを見ればわかりやすいと思います、

IMG_20171108_103733HD.jpg
国際試合経験が豊富な古家さんも「今までの国際試合の中でも一番難しいコースセッティング」という。

そして、もう一つの性質が「グリーンと周辺のセッティングによって難易度を上げる」という点です。ティショットの乱れなどではレイアップすれば最悪でもボギーで収まるのですが「100ヤード以内の距離からダブルボギーになるパターン」が非常に多くなるのです。コース全長は男子で約6900ヤード、女子は6200ヤードと日本ならば「短くて易しい」と思われそうなコースが「ウエッジからのダブルボギーを誘うセッティング」によって選手には大きなプレッシャーを与えているのです。選手たちは初日からその洗礼を受け、練習ラウンドで指示したことの意味を理解したようです。

IMG_2561.jpg
昨年のタイジュニア選手権より格段にパワーアップしてきたみらいちゃん。今回は4日間の戦い方を学んでほしい

AMGジュニア選手権(2) 練習プレーでなく、練習ラウンド

いよいよ練習ラウンドに入ります。前夜の夕食時にも練習ラウンドにおける注意点を話しました。

IMG_2559.jpg
「ゴルフをプレー」したのでは本当の練習ラウンドとは言えないことを知ってもらう

そしてスタート…やはり「練習プレー」になってしまいそうです。そこ「ゴルフプレーをするな!」と指示。まずは自分の理想的なショットをイメージして、そこにボールがいかなければ動かすなり、マリガン(もう1球打つ)ことを支持します。コースレイアウトや特性を把握しながら、本番のロケーションを予想して、その状況からのショットをメイクする事。想定されるパターンを絞り込む作業が必要なことを知ってもらいます。ツアープロの練習ラウンドの作業を実行してもらうのです。理想のプレーは誰にでもイメージできるもの。練習ラウンドではイメージだけで充分です。理想からの誤差を想定し、必要な情報を集めるのが競技の練習ラウンドです。

IMG_20171107_122112HD.jpg
プレーでなく、練習になるようにアドバイスします

IMG_20171106_111354HD.jpg
練習ラウンドではミスをリカバーするのは「時間の無駄」ということを知ってもらう

日本でこういった方法で練習ラウンドできるのは日本アマチュア選手権とプロツアーに限定されています。ジュニアやアマチュア競技の練習ラウンドは「1球のみのプレー」と限定されているケースが多いため、開催コースにフィットさせる作業が不十分になりやすいのです。

IMG_20171106_154200HD.jpg
日本アマチュア経験者はいち早く言いたいことを理解してくれた。海外なら競技の練習ラウンドができるということを

IMG_20171106_112558HD.jpg
ラフとフェアウェイで打ち比べてグリーンへのコンタクトの違いをチェックすることを教える

スロープレート140を超える難コースで戦うためには「ボールを打つ技術を競おうとする日本のゴルフ」では厳しいのです。あらゆるコースの特性をいち早く掴み、本番までにアジャストするのがツアーの戦い方です。今回のメンバーには特に優秀ですから是非とも知ってもらいたかったのです。

IMG_20171107_112919HD.jpg
みらいちゃんはチッピングが重要なことにいち早く気づき、練習にも重点を置き始める

IMG_20171107_143505HD.jpg
トーナメントに慣れているブラパのハウスキャディは選手のしていることを理解してサポートにまわる

古家さんだけが今年の日本女子アマチュア選手権でこういったスタイルの練習ラウンドを経験していたので、彼女がお手本になっていました。また、慣れ始めると打ったボールをキャディがピッアップしたボールをリターンして、効率よく練習ストロークをこなすようになります。ブラパゴルフクラブのキャディは「タイ国内で最も多くのトーナメント経験があるキャディ」です。トーナメント前の練習ラウンド方法にも慣れているのです。

IMG_20171106_124501HD.jpg
既にグリーンの性質を掴むことに集中し始める。ツアーでは当然の作業だ。

IMG_2546.jpg
こういう練習ラウンドの積み重ねが競技成績にも反映すると思う

AMGジュニア選手権(1) 出発

11/4 21:30 羽田空港国際線ターミナルに集まった5人のジュニア達。
11/8からタイ王国チョンブリー県にあるブラパゴルフクラブで行われる「AMGジュニア選手権」に出場するための強化遠征です。

20171105_001015.jpg
実力者揃いのメンバーに期待感が高まります

AMGジュニアツアーは今年スタートしたばかりの新ツアー。米LPGAツアーで活躍するポルナノン・ファトラムの兄であるウァオ氏が代表を務めるプロゴルファーマネジメント会社AMG(オール・マネジメント・グループ)が「次世代スター育成」をコンセプトに立ち上げたツアーです。タイ政府銀行他、多くの企業がこのコンセプトに賛同し、タイ国内で開催されるジュニアトーナメントとしては最大数のスポンサー企業を集めています。

20770134_1879226648996635_4188951342796794747_n.jpg
AMGは8月のYONEX Junior Camponshaip には4人のタイ選手を派遣してくれました

8月には日本で開催された10th YONEX Junior championship にもシリーズランキングの上位選手を派遣してくれました。8月下旬のシリーズ第4戦には日本からの選手を私の引率で出場し、国際交流も盛んに行っています。この第4戦の場で11月のシリーズ最終戦4日間トーナメントの方向性を話し合いました。AMGツアーは所属する若いプロゴルファー達を中心にしたスタッフで競技運営を行います。彼ら自身もジュニアゴルフ出身ですから、出場するジュニアの気持ちがよくわかるのです。この中でツアー選手権はプロツアー水準のコースセッティングになることを示唆します。また8月の10th YONEX Junior championship の優勝選手を国際招待選手として招聘する意向も示してくれました。

20170826_184528.jpg
AMGツアーの最大の特徴はHQがジュニア出身の若いプロ達で構成されている。これが人気の最大の理由。

11/5 早朝、バンコク・スワンナプーム国際空港についた一行は専用車で開催コースであるブラパゴルフクラブに向かいます。この日の予定は開催コースの練習施設での練習です。

ブラパゴルフクラブは天然芝打席のほかに4つの練習グリーンやバンカー練習場、80ヤードのアプローチ専用エリアも有しており、もちろんグリーンでのアプローチも練習できます。私もタイキャンプ当初は通年ブラパゴルフクラブを使用していた理由はこの練習環境の良さでした。

20171105_090159.jpg
やはり天然芝打席は最大の魅力です。練習にも熱が入ります

ここで選手のパーソナルチェックと芝になれる練習を行います。タイのコースは温暖性永年草のティフトンやバミューダーですから芝の難しさは寒冷地仕様の日本の芝とは大きく違います。練習グリーンでのチッピングでもザックリやトップを数多くやっていますね(笑)

IMG_20171105_104215HD.jpg
まずは芝に慣れることが最優先、想像以上にチッピングの球足が揃わないことに戸惑いを隠せません
IMG_20171106_140043HD.jpg
IMG_20171106_133326HD.jpg
大輝君はトラッキングチェック、小屋君はグリップチェックで効果があります。

今回の遠征試合は試合結果以上に強化性を強くした競技と強化の一体型のキャンプを意識していますから、指導の方も積極的に行うつもりです。




ウインターキャンプ in タイランド2018 募集中
18198996_423011221394795_7071758698536929757_n.jpg
http://inoue1967pga.blog.fc2.com/blog-category-29.html

アスリートの義務とスター性

石川遼が来年のPGAツアーシード権を喪失しました。本当に残念ですが、2部のウェブドットコムツアーに参戦すると聞いて、本当に嬉しかったし、来年は過去最高に彼を応援したい気持ちになりまし。

そんなふうにさせてくれるのは「石川遼は間違いなくスーパースター」だからと思います。

有名な話ですが彼がプロ転向を決意したとき、父親の勝美さんがしたアドバイスは「どんなに辛くてもインタビューには絶好答えろ」というものです。

1296cc34bb4fcc61252cd186f249cda9da535693.jpg
プロに求められる言葉は明るく爽やかなものだけではない。時には残酷な目にあうこともある

2016年の中日クラウンズ。プレーオフで破れた片岡大育プロはインタビューを受けながら「すいません!悔しくて!」と涙します。

201607017702.jpg
あの時、涙ながらにでも義務を果たしたからこそ

10585049.jpg
彼の勝利は多くの人に喜びと感動与える「スターの勝利」になったと思う

その姿がマスターズで予選落ちして涙しながらインタビューに答えていた石川遼とかぶりました。そして「彼もまたスターになる資質を持った選手だな。」と思いました。

プロスポーツはプレーヤーのためでなく、それを見る人のためにあります。プロを目指すということは周囲を感動させられる人間にならなければなりません。

そんな「スターとしての資質」はジュニア時代に養われてると思います。昨今ではインタビューやスピーチに慣れさせるために小学生くらいでも実に立派な優勝スピーチをする姿が見受けられます。「こんな素晴らしいコースを設定してくださってありがとうございます。」「大会を運営していただきありがとうございます。」etc…といった感じですね。将来プロになった時にきっと役立つと思います。でも、それだけでスターになれるでしょうか?私は「負けた試合」での言葉に資質を感じるのです。いつも表彰式で負けた選手を見ています。できる限り、言葉も聞きます。「何故、勝てなかったのか?」「いつ、負けを自覚したか?」などです。残酷ですが、そこにプロの資質を感じるのです。その場から立ち去りたい一心で「下手なんです!」の一言で解決させているようではスター性はないです。どんなに辛くても自分のプレーの感想をきちんと説明する自覚と責任感を持っているプレーヤーこそ「スターの卵」だと思います。

2017081412433785595.jpg
世界の頂点が見えたって悔しい、でも頂点が見える場所にいるから辛くてもコメントする


この見方は別の部分でも現れます。それは「競技報告」です。ゴルフは常に優勝争いをすることは難しい競技です。つまりインタビューやスピーチする機会に恵まれることも少ない場合もあります。しかし、誰もが競技において結果が出ますし、その結果を報告する相手がいます。ところが「好結果だけを報告するケース」が少なくないのです。これをインタビューなどと照らし合わせると「将来的なスターの資質」も見えてきますね。

上記のマスターズにおける石川遼の涙のインタビューには「この試合のために自分を支えてくれた人、自分を応援してくれた人のことを考えると申し訳ない・・・」というコメントがありました。

52972.jpg
どんな辛くても、責任を果たす自覚こそがスターの資質

そうなんです。スターは自分1人で戦っていないのです。だから、私は「負け様の言葉や態度」にこだわってしまうのです。

もしもプロゴルファー、それもスーパースターになろうと思うなら、「時には惨めなさらし者にされる」くらいの覚悟も必要でしょう。時には醜い姿や、無様な姿を見せるかもしれません。でも、そんな経験を積んで得た勝利は周囲の人に感動を与えることができるのです。それがスーパースターの勝利だと思います。

逆にそのような報告義務も果たせない人間ばかりのツアーは感動を与えられず、スター不在どころか、不人気となり、衰退し、消滅するでしょう。スターになるためにどんなに辛くても「アスリートの義務」を果たすことをおすすめします。

金を儲けたければ商売人になれ!
人を救いたければ医者になれ!
人を育てたければ教師になれ!
人を感動させたければ職人(プロ)になれ!

「流される事」と「あきらめる事」

11月に入り、私が見ている選手たちにも様々な動向が見られます。プロになった選手たちはQTや予選競技に来年の方向性をかけ、高校3年生はプロや大学、就職等の模索。中学3年生は高校進学の進路、海外からも日本のプロツアー参戦の相談まで来ます。

そんな中でも「自分の進路を決める」ということが一番悩ましいのが中学3年生かもしれません。私が関わるジュニアの子は当然ゴルフをしていますから、自分の進路上には必ずゴルフが関わってきます。

例えば「ゴルフの名門校に入るのはどうなのか?」とか「将来プロになるのか?」とか様々なことを考えながら進路を決めようと思っているでしょう。

そこで私の育成キャリアや人生経験でできるアドバイスは「流されない進路」というのが最も重要だということです。

o0580043513909536325.jpg
三倉君は環境を求めて転校、国際試合で優勝、そしてプロへと流されていないゴルフ人生を進んでいる

学生生活を日々流されるように過ごしてしまうと卒業までに保証されるのは「学歴」のみでしょう。IMGのような超一流アカデミーでも流されるだけの練習に日々を過ごせば「アカデミー出身」のキャリアのみが残ります。学生生活なら「学校」、アカデミー生活なら「アカデミー」が日々の管理をしてくれるから、流されていてもそのなりに楽しく過ごせるはずです。

fb_og.jpg
こんな世界最高の環境でも日々流されていたら得るものは無に等しい

しかし、流されていると「自覚」が持てなくなります。自覚が持てなくなると「あきらめる力」が欠如します。実は「あきらめる力」は非常に大切なのです。例えばプロゴルファーになろうと思う選手が大学を中退してプロの世界に進む決断をした場合「大学をあきらめる決断」をしたということになりますし、プロゴルファーを引退したときは「プロツアーをあきらめる決断」をしたと言えます。

「あきらめる」という言葉は悪い印象に捉えられがちですが、人生におけるターニングポイントで「継続するか方向変換するか」というシフトチェンジの判断でしかないのです。反面、これは重要なことですから、この判断力が低下していると「流される人生」になるといえます。

2013041803593838f_201711020111000cb.jpg
「流されない自覚」を有している選手は練習している姿にも表れてくる

人は子供の内は親に管理してもらいます。しかし徐々に自分で判断し、決断する機会が増えます。その時に自覚がなければ何かに管理してもらう選択をしてしまいます。それを「依存心」と呼びます。依存して管理してもらうわけですから逆らうことは許されないのは当然でしょう。時には「自分とって大切なチャンス」があっても、管理してもらっていますから、許されなければあきらめるしかありません。

実は「あきらめる」という言葉には二つの意味があるのです「大切な選択をするときに犠牲となるものをあきらめる」という意味と「他者に自分の管理を依存しているため、自分のしたいことをあきらめる」という意味です。前者は「選択のためのあきらめ」ですし、後者は「自分に対するあきらめ」になります。

120659180542383958559902_n.jpg
自覚をもって取り組んでいる選手は指導者から見ればすぐに分かる。

上記の「大学中退してプロ転向」した例に中村香織プロがいます。体操の彼女は段違い平行棒ではオリンピック強化選手に選ばれますが、怪我によってゴルフに転向します。ここで「体操をあきらめゴルフを選んだ」ということです。その後はジュニアゴルファーとして関西ジュニア選手権優勝や全国高校選手権3位などの実績を積み上げ、大学に進学してゴルフ部で活動します。ところが「大学ゴルフ部の生温い雰囲気が嫌だ」といってプロ転向します。ここで「大学をあきらめ、プロゴルファーを選んだ」ということになりますね。

プロ転向後はステップアップツアーで優勝したりしてツアーのシード権も獲得しました。しかし2015年にシードを失ったQTでも失敗して、その年のオフに引退を表明します。現在は出産して一児の母となっています。ここで「ツアーをあきらめ、母となる選択」をしているのです。

kaorin.jpg
中村香織プロは「自覚と決断力」こそが才能と思わせてくれるゴルファーだった

彼女は「根性がない」わけでも「移り気」なわけでもなく「自覚と決断力」の高い人間性だと思います。彼女のゴルフ歴は12歳という、昨今の女子プロゴルフ界では非常に遅くにゴルフを始めているにもかかわらず、シード選手になれたのは「自覚と決断力」を有していたからだと思うのです。まさに「流されない人生」を歩んでいるのですね。彼女のキャリを知ったのは引退報道がきっかけでしたが、思わずファンになりました(笑)

彼女はいずれツアープロでなくてもゴルフ界に必要な人材として何らかのポストを獲得するかもしれません。ゴルフに限らず「成功するタイプ」だと思うのです。

weenmahaa01_20171102011106296.jpg
自覚と才能がリンクすると何一つあきらめずに全てを手に入れてしまうこともある。

プロゴルファーの世界も一般社会もジュニアや学生とは違う厳しさがあります。自分の判断で選び、自分の力で努力して道を切り開いていかなければならないのです。そんな大人になるためには「流されずに自覚を持つ」ことと「自身にあきらめず、自分に期待し続けられる」ようになれる進路を選ぶ基準にするのはいかがでしょうか?10代の限られた時間を日々に流されていくの進路はこれからの国際社会では通用しませんよ。
Facebookでも最新情報を公開
来場者数
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
メール問い合わせ
ジュニア育成、他ゴルフに関しての質問等いつでもどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

協力関係
プロフィール

SEIICHIROH INOUE

Author:SEIICHIROH INOUE
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
リンク
リンク用バーナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR